top
1
3
2

1stBirthdayMessage

 

1stBirthdayMessageとは

12人の“ダウン症のある子を育てるママ”が

1歳の誕生日に綴った我が子へのメッセージを1冊の本にしたものです。

私がダウン症のある子どもを産んだ時。

我が子が生後2ヶ月までの期間が最も孤独で、誰の声も届かず、

それでいて最も誰かからの助けや繋がりを求めている時期でした。

この冊子は、その時期の自分たちに送るつもりで制作しました。

かつての私たちと同じように不安で孤独な思いをされているであろう

お子様が生後2ヶ月までのお母さんを最優先に、

1歳未満のダウン症のある子を持つご家族で

まだまだ社会とのつながりが持てていない方や、

お腹の中にいる我が子がダウン症だとわかって不安な思いをされている

ご家族へも無料配布しています。

この本に書かれている12人の「おめでとう」のカタチが

ダウン症のある子を産んで間もない人や、

これから障がいのある子を産むと決めた人、

今もいろいろなことが受け入れられなくて辛い思いをしている人の傍に寄り添い、

きっと大丈夫だよ。というメッセージを伝えてくれたらと願います。

赤ちゃんと、あなたと、ご家族が、

大切な一日一日を、笑顔で過ごせますように。

------------------------------------

この冊子は2021.2.15~4.16まで行われたクラウドファンディングのご支援金および、

本公式サイト経由でのご支援金により製作されています。

大変申し訳ありませんが、下記無料配布対象外の方の申請はご遠慮願います。

※無料配布対象外の方の冊子入手方法につきましては、下記‘「つくる」ご支援’をご参照ください。

<無料配布対象>

・1歳未満のダウン症のある子を持つご家族

​・初めての退院から1カ月以内のダウン症のある子を持つご家族

・ダウン症のある子を妊娠中のご家族

※2021.5に実施した支援者アンケートの結果を元に、

無料配布対象を「生後2カ月以内」から「生後1年未満」へ変更致しました。

活 動 報 告

メディア掲載情報、その他の活動を不定期で報告します

​一覧で見る

千葉テレビ様にて特集していただきました

1stBirthdayMessageへのご支援

1人でも多くの、孤独で不安な思いをしているお母さん、お父さんに届けたい。
そのために、あなたのお力を貸してください。

1stBirthdayMessage製作委員会では、私たちの活動へのご支援をお願いしています。
ご支援のパターンは3種類。詳しくは下記をご覧ください。

tsumugi_0_1_edited.jpg
病院の廊下
幼稚園初日
「つくる」ご支援

個人様向け

¥2,000のご支援で、

おおよそ5冊の製作・配布が実現します。

1口(¥2,000)につき1冊を、閲覧用としてご支援者様にプレゼントいたします。

 

詳細は下記をクリックしてください↓

「届ける」ご支援

医療機関・保健所様 限定

対象者への配布協力をしていただける

産科/新生児科/小児科のある医療機関、

新生児訪問などを実施している保健所に

お勤めの方は

こちらからご連絡ください。

サンプルのご請求もこちらから。

配布協力施設様は順次公開しています

​「広める」ご支援

親の会・福祉施設・公共施設向け

ダウン症の親の会運営者や福祉事業所、

保育園や幼稚園などで

一般の方を含めた希望者がいつでも

閲覧できるよう設置いただける施設様は

こちらからご連絡ください。

​閲覧用に1冊贈呈致します。

お問い合わせ

以下に該当する場合、その他お問い合わせは

​右のフォームより受け付けています。

・冊子のご感想

・サイト掲載情報について

・活動自体への疑問、質問

・活動への応援メッセージ

・取材のご依頼

・公式インスタグラムやFacebookの掲載情報へのお問い合わせ

【冊子のご希望、サンプルのご要望は

こちらからは問い合わせないでください

ご支援の種類や参加方法については、

ご支援についてのページをご確認ください。

arrow&amp;v

送信が完了しました。

公式Instagram
  • Instagram

公式Instagramは、「ダウン症児を育てる方が一番最初に安心して社会とつながれる場所」を目指して、

フォロワー様と一緒に様々なコンテンツを発信していきます。是非フォローしてください!